難治性乳がんサポートプロジェクト

乳がん検診について

乳がん検診について
知りたい

Q.

どんな検診を受ければいいですか?

月に一度の自己検診と、年に一度の医療機関での検診をお勧めします。

Q.

何歳ぐらいから検診を受ければいいでしょうか?

40歳以上の方は、マンモグラフィ検診、40歳以下の方は、超音波検診が向いていると言われています。
40歳以上の方は、マンモグラフィに超音波検査を併用することもお勧めします。
医療機関での検診は、30代半ばから、40歳以上の方にお勧めします。自己検診は、20代から行いましょう。

Q.

身近な人が乳がん体験者なので、検診を受けたいのですが?

乳がん体験者さんとご自身の血縁関係が近いほど、また乳がん体験者さんが家系内に多くいればいるほど、その方の乳がん発症リスクは高くなります。

精密検査について
知りたい

Q.

会社の健康診断で、乳がん検診の精密検査を受けてくださいと言われたのですが。

怖がらずに、かならず、精密検査を受けてください。

Q.

精密検査が必要ということは、「乳がん」なのでしょうか。

要精密検査の人が、すべて悪性の病気であるとは限りません。

乳がんと
診断された

早く治療を受けたいと思われるでしょうが、手術を急ぐ必要はありません。
納得して治療法を選びましょう。

Q.

乳がんと診断されました。これからどうなるのでしょう。

乳がんの治療は、手術、薬物、放射線などを組み合わせて行います。
組み合わせ方は何通りものやり方がありますので、患者さんにとって最善な治療を、お医者さんとじっくり話し合って決めましょう。
乳がんを体験した方のお話をきいてみるのも参考になります。

Q.

乳がんと診断されて、毎日が不安です。

不安は他の方に聞いてもらうことで気持ちが軽くなることもあります。
医療者や家族、乳がんを体験された方にお話ししてみませんか。
また「がん診療連携拠点病院」には「がん相談支援センター」がありますから、ぜひ利用してみましょう。

Q.

乳がんと診断されました。治療方法はどんなものがありますか。

乳がんの標準治療を知りましょう。

Q.

ほんとうにこの治療方法でいいのでしょうか。

医師もしくは主治医から、必要な説明を十分に受け、納得して治療方法を決めましょう。
他の医師の意見を聞く、セカンドオピニオンという方法もあります。